1分でわかるファシリティ課 [2019年版]

今回は、事業開発部のファシリティ課を紹介します。

ゼテックスは大手エアコンメーカーと業務提携しており、主に業務用空調機の保守メンテナンスを行っています。基本構造を熟知していて、だいたいどんな業務用エアコンも修理、調整してしまうエアコン先生です。

「フロン排出抑制法」が2015年4月に施行され、有資格者による業務用空調機の定期点検が義務化されました。その点検によりメンテナンス案件の仕事量も激増しました。町を歩いて、さっと見渡すだけでも無数のビルが視界に入ってくると思います。そのビルほぼ全棟に業務用エアコンは付いています。

サービスエンジニアは、「冷媒フロン類取扱技術者」「冷媒回収」などの資格が必要になります。今ベテランとなった社員たちは、エアコンメーカー会社様のもとで修行しつつ、勉強し資格を取りました。受講すると数十万かかるような講習も、自己負担でなく会社の支援があります。

担当エリアの訪問先が仕事場となりますが、一斉に本社に集合して情報交換をしたり、今後の事業展開の話を聞く機会もあります。増員して発展させることが決まっている部署です。新人さんは確かな技術を身につけるために、1年くらいは先輩と動向し、エアコンの構造理解を深め、故障のパターンを学びます。

技術系と一括りにしても、いろんなタイプが集まっています。職人さん、好奇心達成タイプ、機械大好き、スキルアップがモチベーション型などなど。世界で導入されているエアコンのサービスエンジニアになれば、いずれ海外支社開設の暁には…?!そんな挑戦に立候補してくれる性格の You も Welcome! です。

ゼテックスは、安定した企業で新しい事にもチャレンジできる社風です。手に職をつけ、高給取りを目指したい方は、まず当社の門を叩いてみましょう。

当 ZETEX Recruit サイトでは、時間のかかる登録など無しに即応募できるフォームがあります。ぜひご利用ください。

ご応募お待ちしています。

こちらも合わせてお読みください

1分でわかる事業開発部 [2018年版]

求人情報