インターンシップ受け入れ開始しました

2018年10月より3日間のプログラムで、当社初の試みである高校生インターンシップを行っています。初回は2人の生徒さんをお迎えし、ゼテックスの魅力を知っていただきました。

ゼテックスならではの技術職体験

コインランドリーやコインパーキングの保守メンテナンスを行う社員に同行しながら操作を体験していただきました。

オープン前のランドリーの店舗で、ドラム洗濯機や乾燥機、コントロールパネルなどが正常に動くまで整備しました。
また、パーキングに設置されている精算機やフラップ板のメンテナンスで実際に機器に触れる研修も行いました。

当社初のインターンを終えてみて

〈コインランドリー研修に同行〉CS事業部Uさん
いくつかの業務用機械に触れることもあるので、最後まで安全に研修を終えてもらうことを第一として行っております。
私自身インターンで業務内容を教えることも、高校生に教えるのも初めてだったので緊張していました。ですが2人が最初から最後まで楽しそうな様子で研修を終えられたのでほっとしました。


〈パーキング研修に同行〉CS事業部Hさん
実際のメンテナンス時に使う工具一つにしても、初めて見るものでとても関心を持っていました。工業高校に通っている生徒さんだったので、学校の授業で使う工具の話などができて楽しかったです。
まだ電気が通っていない運営前のパーキングで、機械内部の役割を説明しているときも好奇心がそそられているようで目がキラキラしていました。


〈パーキング研修に同行〉CS事業部Nさん
社会人経験がこれからの高校生なので、まず緊張を和らげてあげることを心掛けました。徐々に打ち解けとけてくれて気になることを質問してくれたり、反応がとても素直でした。
機器に触れる面白さも大変さもきちんと理解してくれ、その上で楽しそうに研修をうける2人をみながら私自身も楽しく研修を終えることができました。


〈インターンシップ担当〉人事部Hさん
初めてのことに対して興味津々で話をきいてくれる2人の姿が印象的に残っています。普段目にしたことはあるけれど、裏側を知らない機械に触れることができワクワクした様子でした。
インターンシップの受け入れを通じて、学生さんにゼテックスの仕事が街の中で役に立っていることなど当社の魅力を知ってもらおうと準備してゆく中、私たちにとっても日頃の業務を見直す良い機会になりました。

会社の雰囲気を体感してほしいです

今後も11月、12月と工業高校からの生徒さんがいらっしゃいます。
肌で感じる職業体験で自身の将来をイメージしやすくなるよう、また進路に選んでいただけるよう引き続き取り組んで参ります。